アルコール消毒のおすすめは?!王道から今すぐ買える商品まで紹介!

アルコール消毒のおすすめは?!王道から今すぐ買える商品まで紹介!

最近アルコール消毒をする頻度が増えてきたんだけど、アルコール消毒も色々種類があって何がいいかわからないのよね。

「感染予防=手洗い・うがい」の時代が終わり、今では医療従事者だけでなく一般企業や家庭でもアルコール消毒が主流となってきました。

しかし、アルコール消毒と言っても様々な種類があり、どれが自分・家族に合っているのか困っている人も多いはず。

そこで、今回はアルコール消毒の種類・それぞれの特徴・おすすめ商品を紹介していきますね!今すぐに買える商品もあるので、ぜひ参考にしてください!
りす
りす

アルコール消毒とは

消毒用アルコールについて

消毒用アルコールは日本薬局方という法律に基づいて販売される第三医薬品です。法に基づいて作られている事もあり、「人体への安全性+殺菌効果のあるアルコール度数」で製造されています。

そのため飲料用アルコールと混同しがちですが、飲料用アルコールとは別のものです。

でもニュースで消毒用アルコールの代わりに、飲料用アルコールを使う事を許可したって言ってたような気がする。それはどうなの?

2020年5月現在、消毒用アルコールの生産が追い付かない事もあり、厚生労働省から手指消毒用に飲料用アルコールを使用する許可が確かに出ています。しかし、それは厚生労働省が指定した限られたお酒のみ。そして、一時的な措置です

下記の取扱いについては、新型コロナウイルスの感染者が増加している状 況に鑑みた臨時的・特例的な対応であり、今後の流行状況の変化等を踏まえ、取扱 いを変更・廃止する際には、厚生労働省からその旨を連絡するので、ご留意いただ くようお願いいたします。

手指消毒用エタノールの供給が不足していることから、医療機関等において、 やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えないこと。

引用:厚生労働省 (2020年5月現在)

7月8日時点で消毒液の生産も追いついており、厚生労働省のURLは削除されています。病院などでも消毒用アルコールの支給もできている状況。

 

一般的に市販されているアルコールの場合は、色々な成分が混入してしまっているだけでなく、濃度も足りないためもし代替えしようとしても殺菌力はありません。そのため、感染対策として消毒を行う際は必ず消毒用のアルコールを使ってください。

 

市販されている消毒用アルコールの種類

市販されている消毒用アルコールには3つの種類があります。

・スプレータイプ

・ジェルタイプ

・ウェットティッシュタイプ

 

私が良く使うのはウェットティッシュかな?ジェルタイプも買ってみたいんだけど、なかなか出会えなくて。それぞれどう違うのかな?
では、それぞれの特徴(メリット・デメリット)と商品について説明していきますね!
りす
りす

 

スプレータイプ

 

特徴

・細かい霧状のため速乾性がある
・1点ではなく広範囲に吹きかける事ができる
・保湿効果はないので手が荒れやすい

さらっとした使い心地なので、水のように違和感なく使えるのがポイントです。
りす
りす

おすすめ商品

ビオレu手指の消毒液

引用:ビオレ公式HP

王手花王が出している、ハンド・ボディソープブランドビオレのアルコールスプレーです。持ち運びできる30mlと、家に置く400mlの2種類があります。

スプレータイプはではありますが、手肌のやさしさを考えた商品なので、お子様にも使う事ができます。

 

手ピカスプレー

引用:手ピカジェル

健栄製薬の手ピカジェルシリーズからスプレータイプが出ています。こちらは、大容量の420mlのみの販売なので、自宅用で使う時におすすめです。

手ピカシリーズは、消毒用アルコールの王道商品なので馴染みがありますよね!
りす
りす

※ビオレu、手ピカスプレーは、店舗・オンラインで購入が可能ですが、品薄だったり商品価格が高騰している事があります(2020年5月)。

スプレータイプは基本的に、家で使うサイズが多そうだね!持ち運びはちょっと難しそうかな・・・。

そうなんです。アルコールスプレーは広範囲に使う事ができる分、家具など身の回りの消毒用が多いんです。そのため、手指消毒用となるとラインナップが少ないのが1つ欠点となります。

また、頻回に使うなら次にご紹介するジェルタイプがおすすめです。
りす
りす

ジェルタイプ

 

特徴

・ジェルが手にとどまるので周囲に飛び散る心配がない
・保湿効果があり、スプレータイプより手が荒れにくい
・スプレータイプよりもべたつきがある

ハンドジェルタイプは嬉しいことに保湿効果が含まれます。そのため、手荒れが気になる方はスプレーではなくこちらがおすすめです。
りす
りす
 

おすすめ商品

ALCOHOL HAND GEL

店舗では見たことない商品だね!

ALCOHOL HAND GELは国内メーカーで作られている商品なのですが、ネット中心の販売のため、初めて見る方も多いと思います。
この商品をおすすめするポイントは、使い心地の良さと、確実に購入できる安定感・安心感です。
りす
りす

ジェルタイプではありますが、他の商品よりも速乾性に優れ「ジェルのべたべた感が苦手」という方でも使いやすくなっています。

そして在庫15万本しっかりと確保しているので、注文後すぐに発送してくれます。そのため、家庭だけでなく消毒回数の多い企業でも購入可能です。

今すぐ欲しかったから、それはすごく助かる!もう少し情報見てみたい!

下記URLから詳細を見る事ができますので、気になった方はぜひチェックして下さい。
 
購入サイト:販売本数3.5万本のアルコールハンドジェル!
 
 

手ピカジェルプラス

手ピカジェルがさらにパワーアップした手ピカジェルプラス。サイズは30mlと300mlの2種類があります。
 
なんと、この手ピカジェルプラスは通常の消毒用アルコールでは殺菌できなかったウィルスも殺菌できるようになっています。
 
効果が強い分、通常の手ピカジェルよりもアルコール臭がやや強くなっているようなので、ニオイが気になる方は通常の手ピカジェルをおすすめします。
 

キレイキレイハンドジェル

引用:キレイキレイ

ハンドソープのキレイキレイからハンドジェルが発売。こちらは低アルコールなので、ニオイも気になることなく使う事ができます。

低アルコールだと、除菌の効果が落ちちゃいそうだけど、どうなんだろう?

消毒成分がナノイオンレベルまで小さくなっているので、低アルコールでもしっかりと除菌する事ができます。そのため、安心して使ってくださいね。サイズは持ち運べる28ml230mlの2種類です。

※手ピカジェルプラス、キレイキレイは店舗・ネットで購入可能となりますが品薄状態になっていたり、価格が高騰している事があります。(2020年5月)
 
ちなみに、スプレータイプとジェルタイプは性状が違っても殺菌・除菌効果は同じです!自分に合う使い心地の方を選びましょう。
りす
りす

ウェットティッシュタイプ

 

特徴

・除菌だけでなく目に見える汚れも落とすことが出来る
・口や手、テーブルの除菌など様々なところに使える。
・完全に除菌するには何度も拭く必要がある。

 

おすすめ商品

シルコットシリーズ

シルコットは、小さい子供用のノンアルコール商品や、強力な除菌効果があるノロクリアなど、様々な用途を想定した6種類のウェットティッシュが販売されています。
また専用のウェットティッシュケースは片手で蓋の開け閉めができるので、手が汚れていても大丈夫。
この商品は私もよく使ってる!すごく便利だよね!
 

エリエール 除菌できるアルコールタオル

ティッシュ、トイレットペーパーのエリエールが作っているので、肌触りはばっちりです。手にはもちろん、家具など周囲にも使う事ができます。
小さい持ち運び用と大容量タイプがあるので、場面によって選ぶことが出来ます。
 
 

キレイキレイ 除菌シート

持ち運びにぴったりな量で、バックにいれてもかさばりません。ちょっとしたお出かけだけでなく、遠足や山登りなどアウトドアにもぴったりです。
 
このサイズなら私の子どもに渡すにはちょうどいいサイズだね!

※ウェットティッシュはスプレーやハンドジェルよりも品数が増えてきているので、店舗・ネットで購入しやすくなっています。(2020年5月)
 
 

消毒用アルコールの正しい使い方

みなさん消毒用アルコールは、正しく使えていますか?正しい方法で使用しないと、せっかくの消毒・除菌効果も本領を発揮する事ができません。

ここで、正しいアルコール消毒の仕方について理解しておきましょう!
りす
りす

 

手洗い・アルコール消毒のタイミング

目に見える汚れがある→必ず手洗い+アルコール消毒

目に見える汚れがない&手洗い場がない→アルコール消毒のみでOK

 

アルコール消毒はあくまでも除菌目的で、汚れを落とす効果はありません。そのため、目に見える汚れがある場合は必ず手洗いをしてから消毒を行いましょう。

また、目に見える汚れがない時アルコール消毒で代用は可能ですが、自宅にいる時など手洗い場が近くにある時は、手洗い+アルコール消毒をおすすめします。

その時々で手洗い・アルコール消毒を併用していきましょう。
りす
りす

 

乾いた手に使う

手が水で濡れた状態だと効果が発揮できません。手が濡れている場合は、水分を落としてから消毒をしましょう。

 

乾燥した時点で消毒完了

スプレー・ジェルタイプは、手になじませ乾燥したところで消毒完了です。乾燥前に別のところを触ってしまうと、除菌効果は半減しますので注意してくださいね。

なるほど!今まで使い方を気にしたことがなかったんだけど、正しい使い方が大事なんだね。これから、気を付けます!
これを守れば、消毒用アルコールの使い方はばっちりです!
りす
りす

 

まとめ

  • 消毒用アルコールは法律に基づき作られた第三医薬品。飲料のアルコールでの代替はできない。
  • スプレータイプは速乾性に優れ使いやすいが、手が荒れるリスクがある。また商品数も少ない。
  • ジェルタイプは保湿力が高く手荒れを防ぐことが出来る。2020年5月現在でもすぐに購入できる商品もあるのでチェックしてみよう。
  • ウェットティッシュは汚れの除去と除菌の両方の効果があるが、完璧に除菌をするには一度ではなく何度か拭く必要がある。
  • アルコール消毒をする際は正しい使い方をしよう。
消毒用アルコールを上手に活用して、元気な毎日を過ごしていきましょう。