辛い育児をマインド1つ変えただけで、乗り越えた1人のママのお話。

育児の知識ゼロで「辛い」

と感じていた育児

ちょっとの考え方とらえ方を変えたことで

「楽しい育児」に変わったママの話。

 

こんにちは。Risuです。

今回は前回お話した通り

「1人の新米ママ」

の実話をお話したいと思います。

 

きっと今これを読んでいるママ達と

シンクロする状況もあると思うので

ぜひ最後まで読んでください。

 

 

ママ(以後Aさん)は育児経験がなく

今回が初めての妊娠・出産・育児でした。

 

Aさんは妊娠するまで

育児の経験はゼロで

自身が妊娠するまで

赤ちゃんと触れ合う機会も

ほぼありませんでした。

 

 

そのため、Aさん自身多少の不安はありましたが

「周りの友人も育児こなしてるしきっと大丈夫」

「みんなができる事だから私にもできる」

と少しのワクワクも感じながら

出産後の育児がスタートしました。

 

 

 

しかし実際に育児を始めたAさんは

理想と現実との大きなギャップ

に葛藤しながら辛い日々を過ごすことになったのです。

 

出産前Aさんは

「赤ちゃんがいる生活=幸せ」

というイメージで

赤ちゃんが生まれたら

多少なりとも困難はあっても

 

 

「毎日赤ちゃんとの生活を楽しみ

キラキラした生活を送れる。」

と思っていたそうです。

 

そして、Aさんにとって

ママという存在になることは

夢であり憧れでもありました。

 

 

しかし、実際に育児をし始めると

「あれ?こんなはずじゃなかった。」

と思うことばかり。

 

 

イメージしていた育児の何千倍

も大変だったそうです。

 

その理由がこちら。

 

☑夫は仕事で夜遅くまで帰ってこない

☑Aさんの地元は遠方で両親も手伝いにきてくれない。

☑赤ちゃんの状況判断はAさんの判断にゆだねられる

☑赤ちゃんのことだけでなく、家事もしなくてはいけない。

 

更に辛いのが身体

Aさんは3日間の陣痛を経て

促進剤を投与するも赤ちゃんは生まれず

結果的に帝王切開

 

体のコンディションも最悪な状態

で育児が始まったんです。

 

そんな中ぶっとおしで

24時間赤ちゃんと向き合うなんて

想像するだけでも

過酷な事が分かります。

 

「周りのママたちはあんなにこなして、

なんで私はこんなにできないんだろう。」

 

「しかも、私は新生児の看護師をやっていた

のに。本当にダメなママ。」

 

育児を初めて1か月間は

毎日自分のことを責めていたそうです。

 

そんな毎日を送って

心も体もボロボロな時、

出産前に購入した

1つの育児本がAさんの目にとまりました。

 

ある日一通りやることを終え

ふとその本をパラパラとめくってみたそうです。

すると、ある文章が目に飛び込んできました。

 

 

それは

「ママの幸せが赤ちゃんの幸せ」

という文字。

 

その文字をみた瞬間、Aさんは

「はっ」と我に返ったそうです。

 

こんなに毎日イライラして

落ち込んで・・・

ためいきをついて・・・

 

「今私は幸せと感じてない」

赤ちゃんはまだ言葉は話せないけど

ママの感情を感じることはできます。

 

 

今この状況が続けば自分にとっても

赤ちゃんにとってもよくない。」

 

そう感じた、Aさんは変わる決意をしました。

「まずは自分が笑顔になれる。

心に余裕を持てるようにしなくちゃ。」

 

 

Aさんは変わろうと思ってから

SNSや育児本を駆使し

ありとあらゆる育児情報を

集めました。

 

「今持っている育児への不安や悩み

とにかくそれを解決する。」

 

「赤ちゃんにとって快適で

私にとっても効率のいい

家事・育児の方法を見つけよう。」

 

育児の合間に、寝る間を惜しんでまで

情報収集をしたAさん。

 

 

しかし、その情報収集は

Aさんの育児負担軽減には

全くつながりませんでした。

育児の知識・技術の基礎作りには役立ちますが

その反面個別性が全くありません。

 

今育児をしているママも分かるように

赤ちゃんには個性があり

・授乳回数

・睡眠時間

・泣き

などどれをとってもリズムは様々。

 

SNSや本での情報収集は

基礎知識をつけるには良いけれど

それを活用してもAさんの生活上

うまくいかないこともたくさんありました。

 

 

またインターネットも情報が多すぎて

「こっちではこう書いてある」

「あっちではこう書いてある」

どれが正しい知識かの判断も

とても難しかったそうです。

 

一生懸命調べるうちに

「何がこの子にあっているのか

わからない。」

と結局途方に暮れる日々。

 

結局笑顔になる育児を模索したのに

調べるのに一生懸命で

疲れちゃった。

 

調べる事に時間を取られ

家事もままならない状態となりました。

 

そんな時、ちょうど保健師として

赤ちゃんとお母さんに関わっていた私に

Aさんは連絡をくれました。

 

「もうどうしたらいいかわからない。

私の幸せが赤ちゃんの幸せに

つながるのはわかっているのに・・・」

Aさんは今にも消えそうな声で

私に話をしてくれました。

 

 

私は看護師として4年間

新生児集中治療室で働いていたのですが

「看護師の知識だけではママと赤ちゃんを

理解するには不十分」

と感じそれをきっかけに

地域で保健師として転職をしていました。

 

今は保健師としてある程度経験を積んだため

地域のママの状況を理解していますが、

 

恥ずかしいことに私自身もAさんと同じく

新生児の看護師時代

・女性はママになったら普通に出産

・普通に育児をこなすのが当たり前

と考えていました。

 

そのためママと一緒に退院する赤ちゃんを見て

「きっとこれから楽しい日々を過ごすんだろうな。」

と安易に思っていたのですが、

 

 

保健師として働きだしてその考えが

一気に崩れ去った

のを今でも覚えています。

 

保健師として働いて分かったのが

「ママの本当の闘いは出産ではなく退院後」

ということ。

 

出産直後は医療スタッフが近くにいるので

何か困ったことがあれば

助けてもらえる環境にあります。

 

しかし家に帰ると

☑周りに医療スタッフはいない

☑助けてくれる人もいない

そんな過酷な状況で育児を

していかなくてはいけません。

 

もちろん出産後里帰りをしたり

近くに家族が住んでいて

手伝ってくれる人がいる場合もありますが

困った時とっさの判断をするのはママです。

 

その結果すべてのママに共通するのが

「1人で抱えすぎてしまう」

こと。

 

それは育児に限らず家事も含め

赤ちゃんの身の回りのことすべて

に関してです。

 

そこで、私はどうしたらママたちが

育児を楽しくできるのか

ママたちに大事なマインドはいったい何なのか。

ずーっと考えてきました。

 

 

その結果、私は育児を楽しむための

いくつかの考え方のコツ

に気が付いたんです。

 

今まで育児相談に来てくれた方や

友達ママにもそのコツを伝えました。

 

すると、どのママも

「育児に対する気持ちが変わった」

と言ってくれるようになりました。

 

その経緯も踏まえて

今回相談してくれたAさんにも

私が導き出した育児へのマインド

を伝えることにしました。

 

するとAさんは

「なるほど!私なりに少しずつやってみる。」

と次の日からその方法を実践してくれることに。

 

アドバイスをして1か月後

Aさんに再度連絡をすると

「ちょっとずつ気持ちが変わってきたよ!」

とそこには元気なAさんの声が。

 

Aさんいわく少しずつではありますが

Aさんの育児に対する気持ち

に変化があったそうです。

 

以下がAさんが話してくれた内容になります。

☑今まで情報収集に必死になっていたけど、その情報収集の時間が少なくなった。

☑情報収集の時間が少なくなると同時に赤ちゃんの成長をしっかりと感じられるようになった。

 

 

そして一番の変化が

「赤ちゃんとの時間が

本当にかけがえのないもの」

だと心から大切にできるようになったそうです。

赤ちゃんのことで不安に感じることがあれば

必要時お医者さんや保健師など専門職に

頼ることもありますが

 

ちょっとした成長発達に関してや

基本的な育児については

自分自身でも解決ができ、

 

赤ちゃんが生まれて半年が経過した時には

「あれ?あんなにつらかった育児が

嘘みたい。日々の成長を感じながら、

過ごすことができている。」

と赤ちゃんの成長を楽しんでいる自分に

ふと気が付いたそうです。

 

 

あれをしなくてはいけない。

これをしなくてはいけない。

その呪縛から解かれる。

 

これが日本人、現代のママたちに

大切なことです。

 

次はあなたの番!

今現在のAさんは無事育児の困難を乗り越え

看護師に仕事復帰し

自分の育児経験をもとに

ママたちにアドバイスをしています。

 

たった1つの考え方の違いで

これだけ育児への思いが変わってくる。

 

それをママにぜひ知ってほしいです。

 

☑あなたは今SNSや育児本に夢中になっていませんか?

☑そのせいで、赤ちゃんの成長を見逃していませんか?

 

赤ちゃんが小さいのは今だけ。

この時期を逃してしまうと

赤ちゃんとの貴重な機会を

逃ししてほしくない。

 

その思いでこのお話をいたしました。

 

次回までにやるワーク③

 

あなたの理想とする

楽しい育児はなんですか?

イメージとかでも大丈夫です。

具体的に理由も含め書き出してください。

 

また書き出した内容を私まで

LINEで送信をお願いします。

 

下記の「友達追加ボタン」からも

LINEに飛ぶことが可能です。