【言葉の発達①】何カ月・何歳でどれくらい話せるの?目安を教えます!

【言葉の発達①】何カ月・何歳でどれくらい話せるの?目安を教えます!

うちの子周りの子達と比べて、言葉が少ない気がする・・・。
色々な教育論がありすぎて何が正解か分からない。

子育てしていると発達について悩む事ありませんか?

 

特に1歳~3歳までの言葉の発達は

多くのお母さんが頭を悩ませる問題です。

 

実際に

私が保健師として

1歳半健診3歳児健診をしている時も

「私の子、言葉が遅いんです。」

と悩まれるお母さんを沢山見てきました。

 

また逆に、お母さんは気づいていなくても

「少し言葉の出方が遅いかなぁ」

と保健師目線で感じるお子さんも多くいました。

 

そこで、今回は言葉の発達シリーズとして

2つ~3つの記事に分け言葉の発達についてお話します。

 

第1弾の今回は

「どの月齢・年齢でどこまで話せるか」

についてです(*^^*)

 

第1弾から記事を読めば

  • 3歳までの言葉の発達の流れが分かる。
  • 子どもへの声かけの仕方が理解できる。
  • スムーズに言葉の発達がすすむ。

 

しかし、読まなかった場合

  • 言葉の発達の仕組みをしらず発達が遅れる。
  • 3歳なのに意味ある言葉が話せない。

 

なんてことも。

子どもの言葉の発達はパパ・ママが理解して関わる事が大事!一緒に勉強していきましょう(*^^*)
りす
りす

月齢・年齢の言葉の発達

3カ月~クーイングが始まる

子どもの言葉の発達は0歳児から少しずつ始まります。

 

一番最初に出るのが

「クーイング」

という初めての言葉です。

 

今までは泣くまたは寝るだけだったのが、

3カ月になると「うー」とか「あー」とか

声を出すようになります。

 

これが「クーイング」です(*^^*)

 

この頃には音への反応も敏感になり

テレビやその他の物音

ママ・パパの声にも反応を示すようになります。

3カ月は色々な発達が進み少しずつ赤ちゃんの成長を感じられる時期となります!
りす
りす

 

5カ月~喃語(なんご)が始まる

3カ月までは「うー」とか「あー」とか

単体の言葉のみを発していたのが

 

少しずつ数が増え「うーあー」

2つの文字を続けて言えるようになります。

 

これを喃語(なんご)と言います。

 

なぜ2つの文字が言えるのか。

それは、5カ月~舌の動きも発達してくるからです。

なるほど!ちょうど離乳食とかもこの時期からだよね!
そうです!首の座りだけでなく舌の動きもよくなるから、5カ月~離乳食となります!
りす
りす

 

1歳~1歳半で単語が言える

 

1歳~1歳半になると、

 

  • 舌の動きや言葉の発声力
  • 言葉の理解力
  • 言葉を聞く能力

がメキメキ上達していきます。

そこで話せるようになるのが単語です。

 

具体的にこのような単語が出てきます。
りす
りす

 

1歳~話せるようになる単語(例)
  • パパ・ママ
  • ワンワン
  • ニャンニャン
  • ブーブー

 

始めは周りの人の言葉を聞いて

意味も分からず言っていますが

 

1歳半頃になると、

「ママ=お母さん」

「パパ=お父さん」

「ワンワン=犬」

 

単語と人・動物・物を

頭の中で繋げられるようになります。

 

つまり、意味のなかった単語から

意味のある単語へと進化をとげます。

 

なので「ワンワンどれだ?」と絵を見せた時

「これ!」と犬の絵をしっかり指させるのも

この時期からです。

 

発達の目安として

1歳半頃に意味ある単語

5つ出ていると嬉しいのですが

発達には個人差があります。

 

そのため、

とりあえず1歳半で意味のある単語

出てればOKです(*^^*)

出ている数も大切ですが、ここで重要なのが「意味ある単語」という事です。
りす
りす

 

2歳~は2語文が話せるようになる

今までパパ・ママ・ワンワンなど

人や物の名前(名詞)だけだったのが

他の単語も組み合わせて文章を作れるようになります。

 

2語文(例)
  • ママ カワイイ!
  • ワンワン バイバイ!

名詞に加えて「動詞」や「形容詞」もくっつき

2語ではありますが、しっかりと意味の伝わる会話が

出来るようになってきます。

 

ちなみに・・・

 

動詞・形容詞とは?

  • 動詞→動作を表す言葉(行く・来る・歩くなど)
  • 形容詞→見た目やどんな様子かを表す言葉(可愛い・美しい・細い・太いなど)

 

だんだん大人の言葉に近づいてきたね!
はい!単語→2語文を経て少しずつ私たちと同じ会話になっていきます。
りす
りす

 

3歳~大人と同じような会話力へ

3歳以降になると文章の組み合わせも

複数出てきて私たちと会話が出来るように

なってきます。

 

そして、3歳以降で特徴的なのが

「自分の名前・年齢」が言えるようになる事。

 

今までは周りにあるものや

人が教えてくれた事をマネして言ったり

表現してきましたが

 

3歳になると「自分がだれか」「何歳か」まで

理解できるようになります(*^^*)

 

なので、この時期になったら

「お名前なぁに?」「何歳?」って聞いてみてもいいですね♪

りす
りす

 

そして更に3歳以降になると、

幼稚園など社会に入るため

友達や先生とのコミュニケーションの中で

言葉の発達がもっと進んでいきます(*^^*)

 

なるほど!今まであまり目安が分からなかったけど、少しイメージが出来た!

 

0歳~3歳までの発達のまとめ

今まで話をした言葉の発達を表でまとめてみました。

年齢 言葉の発達
3カ月~

クーイング

「うー」「あー」

5カ月~

喃語

「うあー」など2つの文字を繋げられる

1歳~1歳半

意味のある単語

「パパ・ママ・ワンワン」

2歳~

2語文

「ママ カワイイ」

3歳~

大人と同じ会話

自分の名前・年齢が言える

 

何度も言いますが発達には個人差があります。

なので、1つの目安として考えて下さいね(*^^*)

 

次回は言葉の発達第2弾!

3カ月~の言葉の発達については

なんとなく理解はできたでしょうか?

 

次回はこの言葉の発達の流れをもとに

どうやって関わっていくべきか

をお話していこうと思います。

 

今テレビやインターネットで色々な教育法がある中

迷われているママ・パパも多くいると思うので

ぜひ読んでくださいね(*^^*)