最低〇〇万円用意しておけば安心⁈妊娠中のママが悩む出産費用!支援についてもご紹介!

最低〇〇万円用意しておけば安心⁈妊娠中のママが悩む出産費用!支援についてもご紹介!

妊娠が発覚したのもつかの間。ママの頭を悩ませるのが「出産費用」です。

 

初めての出産だと

  • どんな費用がかかるのか?
  • 具体的にいくらかかるのか?
  • 支援はあるのか?

知らない事ばかりですよね。

 

ママの中には「出産費用なんて考えたことなかった!」って言う方もいらっしゃいますが、

時間のある今のうちに準備をしておく事がとっても重要です。

 

そこで、今回は「準備しておくべき最低金額&もらえる支援金」をご紹介!

 

これを読めば、

  • 今後必要な経費について知る事ができる
  • 具体的な金額が分かり早め早めに準備が可能

となります(*^^*)

 

もしこのまま知らないままだと・・・

  • 出産当日に支払えない
  • 必要なサポートを活用できない

など「え⁈こんなに必要だったの⁈」とお金の事で慌てる事に。

 

私の友達にも「退院日当日にお金をかき集めた」なんて人もいました。そうならないためにも、事前に準備をしておきましょう!
りす
りす

 

入院先でかかる費用

入院先によって多少入院費が変わってくるのですが、どの病院も平均して50~60万前後となります。

これは自然分娩の入院費用で、帝王切開の場合は+αで帝王切開代がかかる事もあります。

 

病院の費用は都立・県立病院はリーズナブル。

その他の病院は施設の設備やサービスなどで料金が異なってきます。

高いところは80万近くになる事もあるので出産病院を選ぶ時は要注意。

 

「有名だからこの病院でいいや~」ではなく、

  1. 金額をとるのか
  2. 病院の設備を優先するのか
  3. 自分好みの病院にするのか

値段・病院の質・好みをちゃんと検討する事が大切です。

 

そうかぁ。結構お金かかるんだね。こんな高い金額みんなどうやって負担してるの?
そうですよね。いきなり「50万出せ!」と言われても準備は難しいと思います。
りす
りす

そんなママ達のために、実は1回の出産につき数十万の手当が支給される制度があるんです!

 

出産育児一時金

出産育児一時金(しゅっさんいくじいちじきん)は、加入している健康保険組合が関わる制度。

なんと健康保険組合を通して1回の出産につき一律42万円が支給されます。

え、42万円?!すごいありがたい!これってどうやってもらえるの?

 

42万円をもらうには、

  1. 直接支払い制度(病院と契約する方法)
  2. 自分で申請

の2種類があります。

 

直接支払い制度とは

これは出産病院さんがママ・パパの加入している保険組合から42万円を受け取る制度です。

そうする事で、【入院費用から事前に42万円がひかれる事になる】ので、

退院時にママ・パパが病院に支払う金額は「(入院費用-42万円)の額」となります。

妊娠後期あたりに出産病院さんから説明があり、ママ・パパと病院さんの間で申請書などのやり取りをして、手続きが完了となります。
りす
りす

 

自分で申請

病院によっては「直接支払い制度が使えない」という病院もあります。

そのため、妊娠後期になっても出産育児一時金の話が出ないようなら「直接支払い制度が使えるのか」病院に聞いてみましょう。

もし使えない場合、健康保険組合にママ・パパが直接申請を行います。

 

問い合わせ・申請先は、

  • 国民健康保険→お住まいの区役所
  • それ以外の場合→加入中の健康保険組合

となります。

 

支給日によっては「入院費用を一時的にママ・パパが全額負担」をして、後追いで42万の支給を待つ形になるので事前に頭に入れておきましょう。

 

入院費が42万を下回った場合

仮に42万よりも出産費用が下回るようだったら、もらえるはずの残りの金額はどうなるの?

残りの金額については「差額申請書」という書類を区役所・健康保険組合に提出する流れになります。

そうする事で残りの金額をもらう事ができますよ。

出産育児一時金に関して不明点・質問がある場合は、電話で問い合わせをぜひしてくださいね(*^^*)

 

 

厚生労働省

参考:厚生労働省 出産育児一時金の支給額

 

ちなみに帝王切開はいくらかかるの?

自然分娩の予定が、ママ・赤ちゃんの状態によって帝王切開になる事もあります。

だいたい帝王切開の費用は保険適用で10万以内が相場です。

そのため、入院費+帝王切開費を合わせると60~70万程度となる事も・・・。

やっぱり値段は上がるよね。帝王切開の時に使える制度はないの?

 

高額療養費制度

帝王切開になった時に使えるのは「高額療養費制度」です。

 

高額療養費制度については、厚生労働省の公式ホームページでこのように掲載されています。

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢や所得に応じて定められており、
いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

引用:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆さまへ

帝王切開は保険適用なので、金額によりこの制度を利用する事ができます。

上記にも書かれているように負担額は「年齢・所得に応じ定められる」ので、ママ・パパの年齢・所得で金額が変わってきます。

自分の上限額がいくらなのかは厚生労働省のホームページにのっているので、ぜひチェックしてください。
りす
りす

 

高額療養費制度も各健康保険組合での申請となります。

初めから自然分娩ではなく帝王切開と決まっていて、上限額を超える事が分かっている場合は事前に申請も可能。

その際は、早めに健康保険組合に問い合わせをしておく事をおすすめします(*^^*)

 

高額療養費制度

参考:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆様へ

 

まとめ:出産費用は○○万円用意しておこう!

入院費・支援金についてもう一度まとめてみましょう。

  自然分娩の場合 帝王切開の場合(高額療養費制度:未使用)
入院時にかかる費用 50~60万 60~70万(帝王切開代10万)
出産育児一時金 42万 42万
合計 8万~18万 18万~28万

どちらも出産育児一時金をもらって実質30万以下でおさまる計算です。

しかし、もし出産育児一時金は病院での「直接支払い制度」が適応されない場合、一時的にママが入院費を支払う必要が出てきます。

そのため、結論として出産費用は60万~70万前後もっておくと安心です(*^^*)

今回は出産費用のみですが、出産後も何かとお金はかかります!多く見積もっておく分には問題はありません(^_-)-☆今のうちに計画的にいきましょう♪
りす
りす