【言葉の発達②】言葉の発達を促すための、ママ・パパの関わり方!

【言葉の発達②】言葉の発達を促すための、ママ・パパの関わり方!

こんにちは、Risuです!

 

今回は

【赤ちゃんの言葉の発達パート②】

をお送りしようと思います(*^^*)

 

この記事を読めば

  • 言葉の発達が進む関わり方が分かる
  • 今の関わり方を振り返り、修正することができる

と早いうちから子どもの発達に良い影響を

もたらすことができます。

 

しかし、もし読まなかった場合は

  • 子どもの言葉の発達が遅れる
  • 子どもがコミュニケーションが取れずに生活で困る

とママ・パパだけでなく

子ども自身が今後困る事になります。

 

早いうちからの介入が大事!ぜひ読んでくださいね(*^^*)
りす
りす

 

 

言葉の発達の流れ

前回の記事で言葉の発達の流れについて説明しました。

赤ちゃんの言葉の発達には一定の流れがあり、

その流れを飛び級して進むことはできません。

 

そのため、ママやパパは赤ちゃんの言葉の流れに合わせて

赤ちゃんが言葉を出しやすくなる環境づくりをすること

とても大事となります。

 


前回の記事をまだ読んでいない方は、まずその記事から読んでくださいね♪
りす
りす

 

 

 

言葉の発達で必要なこと

では早速本題です。

まず言葉を覚える上で重要なのが以下の2つです。

 

①リスニング能力

②発音の能力

 

それぞれ説明していきますね(*^^*)

 

①リスニング能力

赤ちゃんにとって大事な能力が

このリスニング能力です。

 

まずは私たち大人が英語を覚える時を想像してください。

 

最初は何言っているかわからないけれど

リスニング能力を伸ばすと

何を言っているのか理解できるようになりますよね。

 

赤ちゃんもそれと同じ。

 

言葉を覚える上でまずは

ママ・パパの言葉をリスニングし覚えていきます。

 

 

そして重要なのが

【リスニング能力には個人差がある】

という事。

 

私たち大人が日本語以外の言葉を覚えるのに

個人差があるように

 

赤ちゃんにもリスニング能力の個人差があります。

そのため、難しい言葉をすぐに覚える子もいれば

簡単な言葉もなかなか覚えられない子もいます。

 

自分の赤ちゃんがどのレベルにいるのか

日頃から赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら

理解することが言葉の発達では大事です。

 

なるほどね!リスニング能力なんて考えてもみなかった!赤ちゃんもまずは耳で言葉を覚えるんだね。
そうなんです!なので、赤ちゃんが聞き取りやすい言葉を使ってあげる事が言葉の発達の鍵になります♪
りす
りす

 

 

②発音の能力

赤ちゃんは少しずつ口の動きが発達していくので

発音も小さい頃にできるものとできないものがあります。

 

最初の頃に赤ちゃんが発音しやすい音が

「破裂音」

と言われるもの。

 

例えば、「マ」「パ」など

口を一度閉じて、いきおいで出す音になります。

 

そのため初めての言葉が

「ママ」「パパ」

のお子さんが多いと思いますが

その音が言いやすいからだと考えられます(*^^*)

 

では2つの能力を知った上で、どうやって関わっていけばいいのか一緒に考えていきましょう!
りす
りす

 

どうやって関わればいい?

実際にリスニング能力と発音能力を踏まえた上で

どうかかわっていけばいいかお話していきます!

 

赤ちゃんに覚えてほしい言葉を使おう!

保育園や幼稚園に行くまで

赤ちゃんが常日頃から過ごすのが「家庭」

 

赤ちゃんの言葉のお手本となるのが

「ママ」と「パパ」です。

 

ママとパパの会話を聞いて

「これはどういう意味だろう」

「どうやって発音するんだろう?」

と赤ちゃんは耳を澄まして実は聞いています。

 

そのため、もしママ・パパがお互いを

「お母さん」「お父さん」

と呼んでいるのであれば「ママ・パパ」とは

赤ちゃんは言葉に出して言えないですし

 

逆に「ママ・パパ」とよく使っているのであれば

最初の言葉は「ママ」「パパ」となります。

 

また、ママ・パパがポジティブな言葉を使っていれば

その言葉をよく使うようになりますし

 

「いや」「だめ」をよく使うのであれば

「いや」「だめ」をよく使う子になります。

 

なので、ママ・パパが

どんな言葉を赤ちゃんに使ってほしいか

を意識しながら会話することが大事です(*^^*)

 

赤ちゃん言葉を積極的に話そう!

赤ちゃんを赤ちゃん扱いしないで、大人の言葉で接した方がいいって聞くけど実際どうなの?

赤ちゃんの今後の事を考えると気になる問題ですよね。

「小さい頃から大人と同じ扱いをすべき。」

という教育方針ももちろんありますが・・・

 

私はまったく真逆の考えです。

「ぜひ赤ちゃん言葉を積極的に使ってください」

そう皆さんに言っています。

 

その理由は、先ほど「リスニング能力」「発音の能力」

で話をしたように「赤ちゃんの能力には個人差がある」から。

 

大人の言葉をすんなり聞き取れて、

自分のものにできる子もいれば

それが全くできない子もいます。

 

もし後者で大人の言葉を積極的に使われた場合・・・

赤ちゃんは「なんとなくこんな感じかな」という

発音で言葉を話すようになるので

 

結局「宇宙語」と言われる

何を言っているか分からない状態

言葉の発達が進むことがあります。

 

私が今まで相談に乗ってきて

「言っている事がわからないんです」

というご家庭もあったのですが

 

その中のいくつかのご家庭では

大人の言葉を積極的に使っていて

赤ちゃんが話せないパターンもありました。

 

そのため、まずは

「ママ」「パパ」「ワンワン」「ニャンニャン」

など話しやすい単語から入る事。

これがスムーズに言葉を覚える上で重要です。

 

 

英語は日本語のベースができてから

これから英語が必要な時代になるから、小さいうちから英語をおぼさせた方がいいよね?

これも現代のママ・パパならではのお悩み。

 

確かに小さいうちから英語に慣れる事は

赤ちゃんの将来で大切な事ですが

 

日本語のベースが出来ていないうちに

英語を教えてしまうと

これも「宇宙語」に発展してしまうことに。

 

そのため、3歳ごろちゃんと日本語のベースができてから

が英語導入の一番ベストのタイミングです(*^^*)

 

両親の片方が外国人の場合

ちなみに、両親のどちらかが外国人の場合は、会話ってどうしたらいいの?

どちらかがネイティブの外国人である場合は

片方が日本語、片方が外国語

になる事も多いと思います。

 

その場合は、バイリンガルになる分

周りの子よりも日本語の発達が遅くは

なりますが、社会に出ていくうちに

日本語は身についていきますので問題なしです。

 

心配なのが両親とも日本人

どちらもネイティブの外国語

が話せない状態で無理にバイリンガル

にしてしまう事。

 

お互いに日本語がメインなのであれば

そちらから教えていくのがGOOD!

 

つまり焦らずに行きましょう!ってことです!
りす
りす

 

 

まとめ

 

☑赤ちゃんによってリスニング能力

 発音能力が異なってくる。

☑ママ・パパの使う言葉が赤ちゃんの

 言葉の発達に大きく関わってくる。

☑赤ちゃんの言葉の発達には

 「赤ちゃん言葉も」大切!

☑英語は日本語のベースができてから。

自分のお子さんに合わせて

言葉の練習を進めていきましょうね(*^^*)

 

 

保健師が育相談にお気軽にのります 現役保健師によるお気軽育児電話相談